宮崎県内のSDGsに関する総合インフォメーション・サイト
Comprehensive information site on SDGs in Miyazaki Prefecture



HOME > News

令和3年4月1日(木)より「みやざきSDGsプラットフォーム」活動開始!
豊かな宮崎実現へ SDGsプラットフォーム4月1日設立

 令和3年3月17日、国連が掲げる2030年までの持続可能な開発目標「SDGs」の普及啓発などを目指す「みやざきSDGsプラットフォーム」の設立発起人会議が、県防災庁舎で開催され、正式に設立が認証されました。
 産学金労官そして市民活動団体等の23団体が集結し、県内でSDGsの理念や活動を広めるため人材育成や積極的な情報発信など四つの活動基本方針を定めました。
 令和3年度で発起人を含めた賛同会員を50団体、SDGsに関して具体的に取り組む活動100件の登録を目指して活動を開始します。

みやざき SDGs プラットフォーム設立趣意書

 2015 年9月の国連サミットにおいて「地球上の誰一人取り残さない、持続可能でより良い社会の実現」を目指す世界共通の目標として、SDGs(SustainableDevelopment Goals)が採択されました。
 現在この地球、世界、人類が持続可能性に関連して直面している課題は極めて深刻であり、「経済」「社会」「環境」の三つの側面からの 17 のゴールと 169 のターゲットに向かって、全ての国が共通の目標として取り組んでいく必要があります。
 またその SDGs の理念に基づいた行動が求められているのは各国の政府だけではなく、地方自治体、企業、大学、市民社会、そして私達一人ひとりです。一方で私達の住む宮崎は今、人口減少や少子高齢化の進展の中で地域をいかに活性化するか、ウィズコロナ・ポストコロナでどのような経済・社会システムを構築するか、更に未来を支える人材をいかに育成するかなど、持続可能な社会の実現に向けて大きな変革期を迎えています。
 これから先の 20 年 30 年に向け、持続可能な地域づくりを進めていくためには、宮崎の有する豊かな資源を最大限活かすとともに、本県内の自治体、企業、教育機関、様々な団体そして県民一人ひとりが、SDGs によって示された持続可能性を高めるための視点・取り組みの重要性を理解し、「自分ごと」としてそれぞれにできることに取り組むこと、またパートナーシップに基づいて連携して行動する環境を醸成することが不可欠です。
このような認識のもと、私達は SDGs を原動力とした地方創生や未来を担う人材育成を強力に推進するため、そして持続可能な日本・世界の実現に貢献する地域を目指すために「みやざき SDGs プラットフォーム」を設立することとしました。
 次世代、さらにその次の世代に豊かな宮崎を引き継ぐことが出来るよう、皆様のご理解・ご協力をお願い申し上げます。

                               令和3年3月
                               設立発起人代表 平野 亘也

みやざきSDGsプラットフォーム運営規約

(名称)
第1条 本会は、「みやざきSDGsプラットフォーム」と称する。

(目的)
第2条 本会は、国連が2015年9月に採択したSDGs(持続可能な開発目標)の宮崎県内における普及啓発を図るとともに、民間企業、自治体、大学、経済団体、NPOなどと連携・協働してSDGsの取組を促進していくことを目的とする。

(活動)
第3条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業活動を行う。
(1) SDGsに関する普及啓発及び情報提供
(2) SDGsに関する人材育成
(3) SDGsに関する相談対応及び関連イベントへの協力・支援
(4) その他、目的を達成するために必要と認めた事業

(会員・入会)
第4条 本会は、第2条に掲げる目的に賛同し、本運営規約を遵守する団体により構成する。なお、設立時の会員は別表に掲げる者とする。
2 前項に掲げる団体に類似する者で、第2条に掲げる目的に賛同し入会を希望する者は、原則として会員2名以上の推薦を受け、第6条に定める幹事会の承認を得て会員となることができる。
3 会費は徴収しないものとする。

(退会・除名)
第5条 本会から会員が退会しようとするときは、書面をもってその旨を第6条に定める代表幹事に届けなければならない。
2 会員が本会の名誉を傷つけ、または本会の目的に違反する行為を行い、本会の信用を著しく害した場合には、第7条に定める幹事会の決定により会員を除名することができる。

(役員)
第6条 本会に次の役員を置く。
代表幹事 1名
副代表幹事 1名 
幹事5名以内
会計監査役1名
2 代表幹事及び副代表幹事は、幹事の互選により、幹事会において選出する。
3 幹事及び会計監査役は、総会において選出する。
4 役員の任期は2年とする。ただし再任は妨げない。また、補欠により選出された
役員の任期は、前任者の残任期間とする。

(役員の職務)
第7条 代表幹事は、会務を総理し、会を代表する。
2 副代表幹事は、代表幹事を補佐し、代表幹事が事故または都合で欠けたとき、その職務を代行する。
3 会計監査役は、本会の経理を監査する。
(幹事会)
第8条 幹事会は、役員(会計監査役を除く)をもって構成し、代表幹事が招集して次の事項を遂行する。
(1)代表幹事、副代表幹事の選出
(2)事務局長の選出
(3)総会の開催及び附議に関する事項
(4)事業の企画立案
(5)会員の入退会に関する事項
(6)その他総会の議決を要しない本会の運営に関する事項

(総会)
第9条 総会は、本会の最高議決機関であって会員によって構成される。
2 総会は、代表幹事が招集し、原則として事業年度終了後3か月以内に年1回開催して次の事項について協議する。
(1)決算報告、事業報告、次年度事業計画、次年度予算
(2)規約の改正
(3)幹事、会計監査役の選出
(4)その他本会の意思決定に関する重要事項
3 総会は会員の過半数の出席で成立し、出席者の過半数で決議する。

(事務局)
第10条 本会の会務を処理するため、事務局を特定非営利活動法人宮崎文化本舗(宮崎市)に置く。
2 事務局は、本会の運営及び会計業務を担当する(第7条から第9条に定める事項を除く)。なお、事務局長を会計責任者とし、本会の管理口座は会計責任者名義とする。

(事業年度)
第11条 会の事業年度は、毎年4月1日に始まり翌年の3月30日に終わる。

(委任)
第12条 この運営規約に定めるもののほか、必要な事項は幹事会の承認により別に定める。

附則(2021年3月17日決定)
1 この規約は、2021年4月1日から施行する。
2 設立時の役員及び事務局長は、第6条から第9条までの規定にかかわらず、設立発起人会議で選出されたものが就任することとし、任期は2021年4月1日からとする。
3 2021年度の事業計画及び予算については、第9条第1項の規定にかかわらず、2021年度上半期に総会において協議する。

別表(第3条関係)
宮崎県経営者協会★
宮崎日日新聞社★
宮崎大学★
宮崎文化本舗
みやざき男女共同参画推進機構★
みやざき女性の活躍推進会議★
宮崎県医師会
みやざき子ども文化センター
宮崎県森林組合連合会
宮崎県木材協同組合連合会
宮崎県商工会議所連合会
宮崎商工会議所青年部
宮崎県商工会連合会
宮崎県銀行協会
日本労働組合総連合会宮崎県連合会
日本青年会議所九州地区宮崎ブロック協議会
宮崎県農業協同組合中央会
宮崎県漁業協同組合連合会
宮崎県建設業協会
宮崎県
宮崎県教育委員会
宮崎県市長会
宮崎県町村会
※ ★印は幹事団体

CONTENTS